読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

斜め上から目線

アウトプットが大切なんですって奥さん

ねずみとへび 1

あるところにどぶねずみがいました。

どぶねずみはその名前通り、どぶに住んでいます。マンホールの梯子を降りていって、下りていって、すこし歩けばどぶねずみの住処です。

ああ、どぶねずみに挨拶しようとマンホールを開けてはいけませんよ。

地下の世界はなんだか嫌な臭いがしていますから、いつもマンホールで閉じているのです。それに、突然光が入ったら目が痛くなって、潰れてしまいます。

相手のことを慮ることが大切です。

え?どうしてどぶねずみはそんなところに住んでいるのかって、そりゃあそんなところを気に入っていたからです。

どぶねずみは暗いところが好きで、だからそこにいるのでした。

暗いところに寄り付くのは自分の仲間か、自分と似たやつか、もうどうしようもないなにかだけですので、気を遣う心配がありません。

好きなようにして、好きなように落ちて、落ち着いたどぶねずみは特に何も悩まず過ごしていました。

ある日のことです。

白い何かがどぶねずみの目を覆いました。何も見えなくなって驚いたどぶねずみは、よろよろと汚水に顔を突っ込みました。泥より黒い水で白さを薄めたのです。

白いのが何だったのか確認しようとしたどぶねずみは驚きました。

それは光だったのです。

そう、先ほどの忠告を無視してマンホールを開けたばかものがいたのです。

どぶねずみはあまりの眩しさに戸惑いながら、目が潰れないよう下を向きました。すると、まだ白いものが目に入ります。

へびです。

しろいへびが、ぐったりとどぶねずみの足元に転がっていました。

 

寝なきゃならん、続きはまた今度 

へーかだったよ。