読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

斜め上から目線

アウトプットが大切なんですって奥さん

ふぃくしょんなるふれんず

「誰ですか」「俺か?フィクションだ」
想像上にいる存在、フィクション


主人公(女オタク、目立たない 高二)はある日メールを受け取る。
いつものような『100000000円当たりました』『母です。』系迷惑メールではなく一言「見ています」っていうのでちょっとゾッとする。毎日きっかり夜11時にメールが送られてくるので流石にやべえぞと思うが地味な見目の自分がストーカーされてると言っても誰も信じてくれないのではと悩む。とやってるうちに趣味である絵についての感想も送られてきてビビる主人公。
誰かに頼ろうとするが被害妄想が邪魔をしてできない。どうしようかと考えていたところ隣の席の男子(同じ部活)にドリンクバーの割引券を配られる。どうやら親がカフェを経営しているらしく、リニューアルが済んだので子供に宣伝をさせているようだ。クラスや部活の皆にも配らなければとぼやく男子。主人公は「行動範囲の狭い自分ならこのカフェに集う人達だけで容疑者が絞られるのでは?」と思いたつ。
放課後早速カフェに向かうが同じように来たのは全体の2割ほど。考えてみれば部活やら行く気のないやつやらがいるんだから当然だ
がっくりしていると男子のお母さんがタロット占いをしてくれる。(旦那がお茶と本好き、奥さんが占い好きで店の片隅を図書館、占いスペースにしている)
明日の運勢で元気づけたろうと思ったらしいが悪い結果が出て焦るマッマ「助け舟がくるおまじない」マロウブルーをいれてくれる
フィクションのようなお茶に感動した主人公、他のオシャレメニュー制覇のため通うことを決意(あと割引券週間の間の張り込み)
今日のストーカーメールにもカフェのことが書かれていたため〜
なんやかんやで創作キャラ〇くんみたいな全能キャラがいてくれたら…!!!!となかば現実逃避しながら休みがちになっていた部活へ向かうが入った先はなんかやばい空間で〇くんがいた
けど性格が全然違う
自分はお前の真に望むことを言うと言い出しどうのこうの

他の人からはほかの人の望む姿で見える

(真面目な先生的には学校に学校関連者以外がいるのはおかしい→先生からは学校の制服きた生徒に見える)

最終的に犯人発見

どうのこうの

人の言ってること考えてることなんて百パー理解できるわけじゃないし人は勝手に理解しているつもりになってて、それがかさなってるだけ

だから都合が良すぎてもいけない悪すぎてもいけない

信じたいものやことだけは曲げてはならない

自分を何もかも信じられない人は何をやっても幸せにはなれない

だから逆に言えば 幸せを感じる瞬間があるならその幸せな時間に自分の信じたい信じるべき信じた信じて良いものがあり、それを見る自分だけは信頼できる

 

みたいな

話を

書いてみたい

なと

いう

メモ書き