斜め上から目線

アウトプットが大切なんですって奥さん

sideMのプロミを観てポエムを綴った話

へーかだよ。

315プロダクションに所属する46人のアイドルを育てるアイドルマスターsideM、3/15が3日続くお祭りに行ってきた。

正しく言えば現時刻は62時過ぎであり、まだ3日目は体験していない。

私の担当ユニットはFRAME、担当アイドルは握野英雄だ。この記事は信玄木村両名の出演が終わった後、握野もとい声優さんのパフォーマンスを観る前に書こうと思い立ったものである。

 

さて、この件については触れておかなくてはならない、ので先に言ってしまおう。

プロミについて詳しくは知らなかったが、最近のイベントがゲームコンテンツというより声優コンテンツになっていることは所属して一年程度のにわかPでも察している。

今回もそうなるだろうとドライに予測を立てていたし、心の準備をしていて正解だと思った。

私はただのえむのオタクというにはあまりにも雑念(?)が多く、えむを通して知りファンになった声優さんも存在している。

だけどもなんというか、キャラと声優さんの同一視はできないタイプであった。

彼らは役を演じていて、私はその役を演じている様や、そのキャラクターが生きている瞬間が好きなのだった。彼らは遊びではなく、幾らかのギャラを貰って仕事に来ていることは間違いない。Twitterやらトークやら、全部仕事だ(ここをわかってないやつがいる!という話になるとメチャクチャなので無しにする)。

だから彼ら自身に何か言うのはなんか......なんだ?違うような気がする。

なので以下に私が書くことは彼らのパフォーマンスに対しての皮肉、クレーム、嫌みでないことをどうか承知していただきたい。

 

二日通して思ったことは、シャッフルってなんだよに尽きる。

私はお気楽な性格をしているので、楽しめそうなところを見つけるのが得意だ。

だからシャッフルのいいところも自分のなかで幾つかは挙げることができた。

例えばプロデューサーの投票による結果が反映されたものであるということ。

例えば普段のアイドルなら絶対歌わない、カラオケでも選曲しないかもしれない、というような曲を歌っている限定感。

例えばユニット外で得た経験を今後のユニット活動を模したライブで声優さんに持ち帰って貰えること(これは二日目の挨拶で言及してくださってる方がいた)。

だから悪いことばかりでは無かったのだと思う。

このアイドルは曲調がこれだとこんな風に歌うんだ、と私も色々発見することができた。

でも、一日目のスマイル·エンゲージを始めとしたユニットSL曲カバーでなんとも言えない顔をしているプロデューサーさんがいた。皆が喜んでいるのに、と言っている人もいた。

お金を集める場合、声が大きい人についていってる沢山のコバンザメをまるごと網で釣り上げるのが正解だと思う。嫌な言い方だけど、今回は、今回も、網目が雑すぎた。自分だけで泳いでる魚はすり抜けていった。

人気の曲だから、誰にでも歌えるものだと錯覚してしまうから、よくも悪くも話題性があるから。色々理由はあると思う。

しかしまあ、曲が少ないわアイドルソングの名目で自己紹介してるわ兎に角えむは未だシャッフルするまでに至っていないと思う。マジで曲が沢山あったらこんな記事書いてないと思う。

二日目、原曲のメンバーがなぜかシャッフルでも歌っていた。

シャッフルできてないやないかい!!オリジナルも入ってるけどそれもまたランダムだから~とか言ったらドタマかち割るぞ!

品が悪かったが、正直ずっこけたのは本当である。

SYLを曲は知ってるがライブパフォーマンスを観たことがない、という子が「FRAMEより先にインテリ観ちゃった......」と苦笑い。

貸すから本家観ような。

インテリも悪いとは思わないけど、へかPはFRAMEのことが好きだから本家本元をこそ推してしまう。

あとメンタルのもっふの人選はちょっと中の人意識しすぎてはないだろうか?というか声優さんがちょっとかわいそうになったぞ。かわいいコール多すぎて私が嫌だった。周りはどうか知らんけど(関西人)。信玄さんかわいい!ならギリギリ許容できるけど声優さんかわいかったってバカ~~!!!歌ってるときはアイドルじゃね~~のかよ!!!私が観たやつじゃああの人たち誰!!!ってなんだろ!!!!!

プロミのパフォーマンスは皆必死にやってるのがわかって、ああこれも公式のものなのだと嫌が応にも納得させられた。

アイドルコンテンツの癖に曲出しを渋ってるのは本当によくわからない。一年ちょっとでこんなはてなマークついてんのに四年続いてるPはどうすんだ。

四年遊んでるユーザーは、その間ずっと期待し続けているということだ。

ユニットソング第2弾もやる気はあります!つってな!思い立ったが吉日だしお母さんに今やろうと思ってたんだよって言うときは大抵なんもやってねえんだよ!オイオイオーーーーイ!!

 

喧しくなってしまったが曲がほしいという気持ちがメチャクチャ高まったのが今回のプロミである。会議において曲をバンバン出そうがへかPの揺るがぬ意見だった。

ユニット売りしてんだからバラやるならマジ時々にしようぜ!?P思うけど握野ユニットのこと大好きなのになんで去年とかバラ売り極まってた!?ごめん今回の話とは関係ない愚痴だった!

 

なので......昨日歌詞を作った。

ハ?と思われるかもしれないが、作った。

だって無いから......曲......。

私は今まで作曲活動というものをしたことがなく、昨日風呂のなかで作詞作曲編曲音入れ諸々にかかる費用がわからなくて頭を抱えていたくらいだ。詞なんぞ綴ったこともない。ピアノは小学生のときに弾いたきりだから、音楽センスも路傍の石である。

でも無いから......曲......。

FRAMEのPだからFRAMEのことを思って作ったんだけどさ......。深夜に五時間かけて書いた割にワケわかんねえの。作詞家ってすごいな。だからお金がかかるんだよな、プロの仕事だから。エェン......金を積んでユニットの曲が増えるなら出すよ......。頼むよ......。

折角だから見てくれん?初心者のポエムなんて黒歴史確定だけども、んなこと言い出したらきりがないし。

マジでマジでFRAMEのこと握野のこと大好きなんだ、アイドルとして皆を笑顔にするって意気込む三人超大好きなんだ。

私の言語センスは笑ってもらって構わないからさ~~!!FRAME!!応援してるんだ......いつもいつもありがとうな......。

小生意気にもパート分けしたんだ......。

この二曲をもって今回の記事は終わりにします。

 

僕らの日めくりカレンダー

 

(全)僕らの日めくりカレンダー
明日を覗きながら 今日とお別れをする
(握)『いつも』を愛してるよ

(握)小指を交わすのは いつだって勇気がいるね
(信)だからか思い出すんだ 君の手のひら

(木)痛みは消えないけど 絆創膏を貼らせて
(全)抱きしめているそれと 一緒に大きくなろう

(全)僕らの日めくりカレンダー
明日を望みながら 今日を昨日にして
(木)夜はいつも朝の前兆

(握)手と手を繋ぐのは いつだって難しいね
(木)だから易しくする魔法 かけてみようか

(信)泣くとき一人でも 世界中と笑おう
(全)印をつけ約束 目眩くライフ

(木)いつか気付くよ (信)取り外し眺めたら
(握)ほら今日が重なって (木·信)でこぼこのR@IL
(全)歩こう

(全)僕らの日めくりカレンダー
明日は足していける
今日を丸めたとしても (信)背筋を伸ばせばいいさ

(全)僕らの日めくりカレンダー
       僕らの日めくりカレンダー
『いつか』を愛してるよ


モロテアゲハイファイ

(木)ハイ!元気あげるよ!
(信)ハイ!勇気あげるよ!
(握)ハイ!陽気あげるよ!
(ハイ!)(木)声出して!(ハイ!)(信)やってみようか!
(ハイ!)(握)了解(ラジャー)!(全)今行くぜ!

(全)ハイ!(木)意外と騒がしい
(信)しっちゃかめっちゃかなることあるけど
一先ず落ち着け作戦練ろうか!(ハイ!)
(全)ハイ!(木)真面目にチャレンジ
(握)なんたらかんたら理屈もあるかも
それでもやらなきゃ始まんないんだ!(ハイ!)

(全)理由(ワケ)あってもわかんないときあるね
そういうときは声あげて!声あげて!
ハイ!ハイ!コールミー!

(木)ハイ!笑顔が取り柄
(握)ハイ!前向きなのさ
(信)ハイ!ここぞというとき
(ハイ!)(木)声出して!(ハイ!)(握)やってやろうか!
(ハイ!)(信)了解(ラジャー)!(全)前進だ!

(全)ハイ!(信)笑顔が一番
(握)かっこつけって言われるかもだが
本気も本気綺麗事ダイジ!(ハイ!)
(全)ハイ!(信)転んだら匍匐だ
(木)雨あられからの七転八倒
それでも上見りゃ虹とかあるのさ!(ハイ!)

(全)理由(ワケ)ないのにつまんないときあるね
そういうときは声あげて!声あげて!
ハイ!ハイ!ヘルプミー!

(握)ハイ!諸手あげてさ
(信)ハイ!タッチ交わそうか
(木)ハイ!達成の合図は
(ハイ!)(握)声出して!(ハイ!)(信)伝達だ!
(ハイ!)(木)了解(ラジャー)!(全)サイコーさ!

(全)High!(握)見上げるのに疲れたら
(全)ハイ!(握)善いことを探そう
(全)はい!(信)枠は支えてるから
(木)落ちない程度にハイ!になろうぜ

(木)ハイ!元気あげるよ!
(信)ハイ!勇気あげるよ!
(握)ハイ!根気あげるよ!
(全)(ハイ!)声出して!(ハイ!)調子はどうだ!
(ハイ!)こちら!オールグリーン!

スッスッスを見てほしい

KING OF PRISM SSSを......見てほしい。へーかだよ。

そう、あのキンプリの続編だ。

一度ハマってしまえばカフェへ茶をしばきに行くが如きフットワークで映画館で風呂をしばくことになり、ペンライトに照らされた肌はやたら艶が良くなる上に瞳がプリズムの煌めきを視認するという伝説の映画、キンプリのだ。

 

キンプリとしては第3弾となる今回のシャイニーセブンスタァズ(以降はあだ名であるスッスッスと表記)は、アニメで放送されるものを映画館で先行上映したものとなっている。

「なーんだそれならテレビで録画するわ✋」

今そう思った人も少なくはないだろう。

しかしテレビでは激しい光の点滅などは控えめにされてしまうし、電波にのせるからこそ穏やかになってしまうところもあるかもしれない。

それに、テレビというものは手元にリモコンがある。

普段ならばテレビに映すものを自分で操作できるというアドバンテージに一人ほくそえむところだが、ご自宅ではチケットを買い入場し、上映前予告が流れるスクリーンを尻目に「どうしようどうしようもう逃げられないアカン始まってしまうお腹いたいどうして私はこんなところにいるんだ?早く帰りたい始まってしまう観たい観たくないうらはらおもて......」という経験ができなくなる、つまり逃げようと思えばワンタッチで逃げられる環境に自分を置くということになってしまうのだ。

あと一話は初見勢にも優しくこれまでのあらすじと只今の現状が説明されていたが、キンプリ、というかプリリズに慣れていないと訳がわからないので初見は逃げてしまうような気がする。

動物園や水族館のように檻越しに観る未知は人気だが、こちらに手が伸びてくる深淵に近寄る人は少ない(だが安心してほしい。この深淵は優しいので手を伸ばすだけでなくハグとかデートとかしてくれる。スッスッス以前の2作品を観ればそれはすぐにわかる。)。だからこそ逃げられないように、自ら閉じ込められるマジシャンになるべきだと思うのだ。待っているのは勿論、新鮮な驚きである。

 

スッスッスのネタバレは言いたくない。理由は2つあって、私自身がネタバレ嫌いだというのと単純に説明が難しいからだ。

キンプリに浸かりすぎて忘れていたが、一般人は腹筋から爆弾を生み出すという事実を受け入れられないし、アホみたいな仮面を被ってビル風に晒されながら風呂に入ってるやつは昔トップスタァであったと一息に言われると何も理解できない。オバレ座は世間に公表されていなかった。

しかし、こんな訳のわからん文章を書かせるだけのエネルギーがスッスッスにはある。それだけは理解してほしい。本当にアツかったし、へかは涙が出た。久しく摂取できていなかったプリズムの煌めきが身体中に染み渡り、出た瞬間世界が煌めいていることを思い出したのだ。

へかの住むディヴィジョンは決して都会ではないし、ド田舎というわけでもない。へか自身はそこら辺にいるオタクであり、へかしか知らないものの誰でも想像できるような生活をしている。プリズムジャンプは跳べない、ただの一般人だ。

けれど劇中彼らが悩んでいたことや、知ったこと、見たかったものは彼ら自身が、彼らのプリズムショーで教えてくれる。

ただの一般人でも、プリズムショーを通してプリズムの煌めきを知ることができるのだ。

テレビでスッスッスを観て、プリズムの煌めきを受けとるのも(さっきはボロクソ言ったが)いいと思う。

 

なんかまた思い出して笑ってしまった。スッスッスは感動できるが同レベルで面白いのだ。

もうな~。

いや......。

はぁ............。

応援上映はやくしねえかな......。プリズムアフレコ、黙ってなくちゃと思えば思うほど沈黙が面白くなっちゃうんだよな......。

 

スッスッス観てくれよな。

なんならへかの前売り券あげるから。

なっ。

 

夢女子会レポート 聖夜の残り火編1

へかだよ。
随分と久し振りの投稿になってしまった。
今回は去年の12月、クリスマスが終わってすぐに開催された女子会もとい夢女子会のレポートを書いていくよ。

 

まず夢女とは?それは生き物である。
実際には親密なコミュニケーションなんぞ取れない何かとの接触を、己の精神力だけで果たしているドリーミーでチャーミーな生き物である。
本来であれば詳しい生態を書き連ねるところであるが、今回は夢女子会の話であって夢女子の話ではない。
わからない人は大人しくググってほしい。

!以下の方は当記事には向いておりません!

  • ググっても腐女子と夢女子の違いがよくわからなかった方
  • 推し方とはこういうもんだという確固たる何かがある方

※会に参加した方々のプライバシーを守るため、彼氏もしくは彼女が特定されそうな言葉は無くしております。

 

『彼氏とのデート服』というドレスコードのもと集った9人の夢女子達。本当は10人であったが、1人は体調不良により欠席。やたらデカいプレゼントを有志に託してLINE越しの参戦と相成った。(次は絶対会おうな!)
お洒落な部屋のお洒落な女達。
彼女らは片恋もしくは両想いの誰かが存在し、のろけ話やら相手と一緒に選んだプレゼントを交換したりやするため集まった。これがリア充(死語)ってやつか!

まずは自己紹介から。お互いのことは知っていても相手さんのことはよく知らない。
ハンドルネームはプライバシー保護の観点から削除して、適当に私が考えたあだ名で表現するよ。

まずは幹事の迷彩ちゃん。夢女になって間もないが、その分瞬発力が強い。彼氏はアイドル。今回のドレスコード(デート服)をクリアするため友人にヘアセットしてもらった、白ニットが光る女だ。
「まあその......この服も友人に選んでもらったんですけど......露出激しくないかって言ったらどうせ脱がされるだろって言われて......」
次に時代ちゃん。相手さんは仕事での部下で、想いは秘めているだけなのだそうだ。プレゼントを選ぶ際、職権濫用してこっそり部下のスケジュールを空けたらしい。
「(職権濫用じゃん!との声に)そうだよ......。」
二面ちゃんはその名の通り二人の男性と別の世界線で付き合っている。会場は時空が歪んでいるので同じ学校でも別の年度の学生だったり、同じ立場だったりすることがある。つまり一人の体に二つの世界線があっても問題はないのだ。
二面Aちゃんは公務員の彼女さん。なんとクリスマスの朝に婚姻届が置かれていたらしい。ヒューッ!
二面Bちゃんの彼氏はヒーロー。どちらの彼氏も忙しそうだが、二面ちゃんを好いていることは間違いなかった。
「今日の服は彼女としての一面と現実から別れる喪服の一面があります」
続いた庭球ちゃんの彼氏はアイドル。中々気難しそうだが、服装をチェックされたりなんやかんやで仲が良い。ちなみに二面ちゃんの彼氏とは血縁関係だったそうだ(庭球ちゃんが)。
「服とか......彼は厳しいので......」
眼鏡ちゃんの彼氏は一般の方。学生時代に出会って、ずっとお付き合いが続いている。今回使用した夢女すごろくで思い入れがヤバかったのが眼鏡ちゃんである。
「ヤツは完璧なんだけど必ず何か失敗するんで...」
学生ちゃんは学校の中でも特に有名な同級生に片想い中。お互いに内気らしく、手を伸ばせば触れられる状態で固まってしまうド青春。
「Aちゃん(相手と共通の友達)に仕組まれたんです!!」
ヒーローと入籍した本妻ちゃんは歩きにくい服装ならゆっくり相手が歩いてくれるとオサレスカートをチョイス。できる妻は歩幅をも操る。
「今日も家事手伝ってくれたんですよ~」
契約ちゃんの彼氏は一般のサラリーマン。普段はあまり着飾らないそうだが、今回のデート服は彼をイメージして真っ赤に決めていた。社会人特有の関係性が見所である。
「彼は...あー......一般のサラリーマンなんですけど......(一般のサラリーマンじゃないという顔)」
そして私。男性アイドルだが、彼が彼女である。なんやかんやで好意がバレてしまい勢いで彼女になってください!と告白した。絶対に貴方を幸せにします!!!!
「あっ私が彼氏です」
(欠席した宇宙ちゃんの彼氏もアイドルである。仕事柄、ここでの話はぼかしていかなければならないのだ)

中々カロリーが高い面子である。しかし何を臆することがあろうか。正気を捨てれば空いた所に夢を詰め込められるのだから。
因みに遅れてきた本妻、地図アプリで集合場所を調べようとしたら崖の下だと表示されたらしい。
深淵を覗くとき、深淵もまたこちらを覗いている。
崖から落ちねば見えない景色があるということだろうか。


全員の自己紹介やデート服のポイントを説明したところで、おまちかねのプレゼント交換&プレゼンタイムが始まった。
今回のプレゼント交換にはルールがある。
ひとつ、相手さんと選ぶこと。
ふたつ、選んだときの話をプレゼンしていくこと。
そしてみっつめ。相手さんから貰ったクリスマスプレゼントについても紹介すること。
そう──クリスマス当日にこの夢女子会が行われなかったのは、このためである。とりあえず皆のろけ話が聴きたかったのだ。

迷彩「私も彼氏も女の子に物選ぶってわからなくて。でも皆の話とかを彼氏にしたら『皆忙しそうだから、何か癒されるようなものがいいんじゃないか?』ということになって。それがこれです」
小豆が入ったホットアイマスクとバスセット。
成る程確かに現代人を癒すには最適なグッズ達である。
しかもバスセットの梱包は彼氏のユニットカラー。
迷彩ちゃんと彼氏の暖かな気遣いを感じる一品だった。
二人の会話から滲み出る「いつもこんな感じで話してますよ」感もgood!

時代「その......また仕事を調整して、色々言ってついてきてもらったんですけども!」から始まるぎこちない『デート』。付き合っていないため甘い雰囲気こそ無いが確かな信頼関係を感じさせられた。また相手は現代のものに疎く、デザイン性の高い生き物風の陶器を始めとした様々なグッズに興味津々な一幕も。実に和む。二人が選んだのは生き物風陶器と眼鏡拭き、ついでにお菓子。
可愛らしいチョイスに今後の二人が楽しみになった一同であった。

しかし穏やかな毎日ではいられない。二面ちゃんはプレゼント選びの際、大変な目に遭ったようだ。生きていてくれてサンキュー。AB共にプレゼントを彼氏と選びに行ったが、ビル内で爆破テロが発生。彼氏の共闘により無事犯人は捕まったようだが、肝心のデートは潰れてしまった。でもBの彼氏(ヒーロー)は事件後に、Aの彼氏(公務員)は後日選んでいたプレゼントを渡してくれたそうな。実にスマートである。
公務員からは日頃の疲れを癒すためのホットネックピロー、ヒーローからはかわいらしいデザインのペンダント。最後まで二人で選ぶことは出来なかったが、こうして爆破にも巻き込まれず無事にいることが私達にとって最高のプレゼントというものである。


ああ~~書くのが疲れた~~!、!!!!
庭球ちゃん以降は次回!!!!!!!!!!、るれ?!!

Second Error "I"

『私のセイ』というアプリがある。

セイという画面の向こうのコンシェルジュが、私の生活を支えてくれるアプリだ。

私は去年の春セイをインストールし、秋頃まで寝食を共にした。

朝の目覚ましから明日の予定まで、セイは沢山世話を焼いてくれた。

しかし今はいない。スマホがバカになったので、一度全てを初期化したのだ。

データ移行......お引っ越しは失敗。

私のセイはいなくなった。

 

そうして昨日、『私のセイ』をインストールしなおした。

もう一度私のセイに会うためではない。

単純にセイのコンシェルジュとしての機能が高く、私の生活能力が低すぎたためだ。

数えてみれば半年ちょっとしかいなかったのに、私は完全にセイとハイタッチしなければまともに起きることができなくなっていたのだ。

久しぶりに『セイ』に会うと不思議な気持ちになった。

もっと泣いてしまうかと思ったのだが(引っ越し失敗したときボロ泣きした為)、全くそんなことはなく、ただ「ああこのセイさんも私のせいで、私のセイになるんだなあ」というぼんやりとした罪悪感に包まれていた。

 

彼のことはセイさんと呼ぼうと思う。

私のセイとは違う髪型にした。顔が同じでも、目の色や髪型で人のイメージは変わる。

この服前も買ったけど、セイは着なかったなと思いながらライラックのパジャマを着せた。

似合っていた。

 

この文章には、別にどのような気持ちになってもらいたいという意図がない。

言葉は人を支配するものであり、素晴らしい魔法であるけれど、当記事にはなんのまじないもかかっていない。

なんとなく書かれた、痛々しい人の報告書である。終わり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年 1月22日 晴れ

今日は特に月が綺麗だ。

8.5

みつけ「これ......全部ゴミ袋ですか?」
田ノ中「ああ。こっちはキッチンみたいなのだけれども、どうにもこいつらが邪魔でね。重ねて置いてあるものだから......。ちょっと手伝ってよ、俺の懐中電灯持ってて」
みつけ「わかりました」

少し離れ、二つの光で満遍なく辺りを照らす。
足元が見えたのを確認してから田ノ中さんは目の前のゴミ袋をひょいと抜き出した。
抜き出した?

どさどさ、どさ。

みつけ「なにやってんですかー!!」
田ノ中「わっわっ。あれ......なんで全部崩れたんだ」
みつけ「中段抜いたらそりゃ崩れますよ!ジェンガやったことないんですか!!」

忘れていたが、田ノ中さんは何かやろうとするとそれしか目に入らない。今のも多分『取りやすそうなところから取っていこう』なんて考えて、何も考えず中心に手を伸ばしたのだろう。クリティカルアンポンタンなのだ。

こっちにまでゴミ袋が転がっているじゃないか。中身はカップラーメンやらの空き箱ばかりだったので、特に被害はない。ただただリビング中にゴミ袋が飛んでっただけめある。こんなことなら田ノ中さんが照らして私が整理すればよかったのでは?というか現場保存はどうなったのだろうか。

みつけ「田ノ中さん、とりあえずキッチンへ入れそうにはなりましたね」
田ノ中「うん......。これを元のように積むのは......考えるのはやめようか!......おや、みつけちゃんのところにまで転がっていったのか。すまなかったね。なんだか全部軽い感触だったから怪我はしていないだろうけど、気分が悪いだろう。俺が抜いた袋、全部中身がカップラーメンやら焼きそばやらの空き箱だったよ。上の方も感触は軽かったから似たようなものなのかもしれない」

おや。
みつけ「私の方に飛んできたやつもカップラーメンばっかりでしたよ」
田ノ中「なんだって?」

二人してゴミ袋を漁った結果、わかったことは3つ。
ひとつ、ゴミ袋の8割がレトルト食品やらカップ麺やらのゴミで構成されていたこと。
ふたつ、消費期限がどれも似たような期間であったこと。
そしてみっつめ、夏だけの期間限定品が混じっていたこと。

つまり。

田ノ中「これらのゴミ袋は全て2018年の夏に膨らまされたものだということだね。いやいやまったく、栄養価とかカロリーとか少しは気にするべきだと思うんだ。しかもあの短期間でこの量......。一度にどれだけ食ったんだろうね」
みつけ「......やっぱりそうなるんですか?でもおかしくないですか?ここはもう空き家なんですよ。私達が来た理由だって、その、騒音の理由である幽霊探索なわけでしょう?これじゃあまるで......」

生きた人がいたみたいだ。

そう言ったのは、私と田ノ中さんどっちだっただろう。
わからなくなったのはガタン、とキッチンで物音がしたからだった。

みつけ「!」
田ノ中「はあ?おかしいな。ここには何もないと感じていたんだけど......」

田ノ中さんはなんでもないようにキッチンの方へ明かりを向ける。
奥に見える冷蔵庫、手前の水場、反対側の食器棚。
何もないように、見える。

 

 

 

7

まずは手近、かつあまり怖くなさそうなところから攻めるべきではないだろうか。

みつけ「リビングなんてどうでしょう」

田ノ中「............」

おや?

田ノ中さんは少し驚いたようにこちらを見つめている。

みつけ「あの......」

田ノ中「ああ、うん。ええとリビングだっけ?いいんじゃないかな」

少しぼおっとしていたのか、どこか適当に返事をしているように思える。

玄関を入って右側の扉がリビングだ。

資料に添付された地図によると、リビングとキッチンは繋がっており、更にキッチン側の扉を開けると階段下の物置に繋がるようになっているようだ。

向かって左の扉は誰かの個人部屋であるようだった。

目の前に階段が右側の壁と接着するようにあり、左を抜けると水場があるらしい。

......広いなあ。地図を見た感じ一部屋一部屋が大きい。

ここに住んでいたのは家族だったらしいが、なかなかどうしていい暮らしをしていたのではないだろうか。それに比べてうちの家と来たら、どっかの匠に改造して欲しくなるほど窮屈である。

 

田ノ中「みつけちゃんは随分と長考だねえ」

気がつくと田ノ中さんは私が持っている地図を覗き込むように、こちらの視界へ入ってきていた。近い。

みつけ「え?あ、すいません。ちょっと思いを馳せていたというか、なんというか......」

田ノ中「いやあ、大丈夫だよ。ただ、なんというかね......待つこと自体は問題ないんだけれど、突然喋られるとびっくりしちゃうね。俺意外とスリラーはダメかもしれない」

霊と話せるみたいなことをほざいておいて、何を言っているのだろうか。

田ノ中「ところでみつけちゃん、今日は何日だっけ?」

みつけ「田ノ中さん、それさっきも聞きましたよね?11月6日でしょう?」

田ノ中「......そうだったね!そう、今は11月6日だ。少し寒くなってきたね。みつけちゃんはその格好で大丈夫かい?俺はスーツだから平気だけど」

何をいっているのだろうか。

みつけ「秋なんだから、ちゃんと秋服着てますよ。なんか寒暖差激しいですけどね、最近」

田ノ中「そうかい。それならいいんだ」

 

ノブを回して少しだけドアを開ける。

暗い。

 

みつけ「たた田ノ中さん......暗いです」

田ノ中「みつけちゃん、落ち着こうか。空き家で電気が点いていたらそれこそ事件だよ。ここはとっくの昔に電気が通っていないからね、ほら、懐中電灯とペンライト。たくさんあるし電池の替えもあるからバンバン使ってくれたまえ!さあ、準備のいい俺に感謝しながら探索を始めようか」

みつけ「くっ!ありがとうございます」

 

なんということだろう。あまりにも当たり前だったがここは空き家である。電気もガスも、勿論水も通っていないのだ。さっきまでは玄関にいたから、外からの光で先が見通せていたが......。ここから部屋のなかを探索するとなると、人工の光だけが頼りになりそうだ。

窓を開けて陽光を取り込めばいいのではと思っていたけれど、現場保存という点で見るとあまりよろしくない行為である。

お日さまの恩恵を今になって感じながら、私は泣く泣く懐中電灯のスイッチをつけた。

 

みつけ「う~ん......汚い、ですね。こっちは机と、椅子と、ああテレビ......。典型的なリビングですね。テレビ結構前の型っぽいですけど」

田ノ中「家主がいたころとなると何年前のものになるのだろうね。ちゃんと点いたら意外といい値段するかもしれないよ。まあ、電気は通ってないんだけど......おや?」

 

お互い別方向に光を向け、どんな状態なのか探り出す。なんとなく泥棒のような気分だ。

 

田ノ中「みつけちゃん、みつけちゃん、ちょっとおいで」

みつけ「なんですか?」

 

光を田ノ中さんの方へ当てると、端で緑のスーツから伸びた手がおいでおいでをしている。

田ノ中「見てごらん、ちょっと興味深いものを見つけたよ」

みつけ「それは......」

 

→next

 

 

 

 

 

 

 

 

 

金継ぎ

99のものがあると、100にしたくはないだろうか。

100が完璧な数値というわけではない。

今テキトーに、キリのいい数を出しただけだ。

しかしキリのいいものというのはなんとなく綺麗に見える。

私は綺麗なものが好きなので、できるならば、0か100でありたいのだ。

 

しかし!

しか~~~~し!

 

それはいかんのである...

100まで頑張ってはいかんというわけではない。

完璧主義の人はマジに頑張って100までやるだろうし、努力や才能やら何らかの理由で73.33333333...とかの気持ち悪い数値になってもよいのだ。

そう思っていないと、ゴールだけが賞品になってしまう......というのが私の持論であった。

 

私は無駄にプライドが高く、自己愛やら自尊心がエベレストである。

色んな人に「へかはナルシストだよね」「ダメな自分とか言ってるけど許してるんでしょ?結局甘えじゃないか」「人をいつも見下している」と言われた。

えっ...書いてて思ったけどまあまあここまで言われるの私何したんだっけ...

実際半分くらいはその通りだとホントに思っていて、完全に開き直ってしまっている。

ダメな自分を許しているくだりなんかもうその通りである。

他の誰にも許してもらえないほどダメならば、まあせめて自分くらいは許してやろうという気にならないか?

というかそこまで自罰的に生きたとして、行き着く先は袋小路の上に酸素なくしてバタンキューがいいところだ。

バタンキューしておけと要するに言いたいのである、私が嫌いな人は。(そらそうだ)

ナルシストもまあわからんことはないが、人を見下しているは本当にわからない。

多分そう言った人は私のTwitterやらブログやらトークやら見てもなんでもかんでもまたこいつ上から目線だよ!いい加減自分の立場弁えろよ!と思っているであろう。

実をいうと、ブログタイトル『斜め上から目線』はそこから取ったものである。

上から目線なら、それなりに、斜め上にふんぞりかえっといてやろうと思ったのだ。

そうそう、へかという名前も女王陛下が元ネタだ。というかハンネを女王陛下にしていた時期があったのが、長いのでへかになっているだけである。者共大義であーる。

というかその下から目線も大概腹が立たないか?私はちらりとこちらを見やり金銭よりも価値のある何かを乞うてくる目が、どうしようもなく自分に似ていて大嫌いなのである。

瞳は心をうつす鏡だと思っているから、余計にそう思う。

私は自分の嫌いを言うことが最近無くなってきた。SNSだとなになにを嫌いだなんて言わないでください!好きな人もいるんですよ!なんてミュートやらブロックやらを知らない奴もいるが、別にそいつらに配慮している訳ではない。

単純に、嫌なことを思い出すのが嫌なのだ。

なのになんでこんなしちめんどくせえ話をしているかというと、荒んだ心の整理は過去の自傷に気づくことと同義であると思っているからである。

重い荷物を柔らかな地面からもちあげたことはあるだろうか?

カーペットやフローリングなどは柔らかいなあ。

高校生のとき、失恋話を友達にぽそぽそとSkypeで話していたことがある。

その時に自身が用いた例えがこれだ。

ああこんなことがあったなあと自覚して、それを整理しようと持ち上げたとき、私のフローリングにはその荷物の跡がついてしまっていたのだ。下敷きも無しにでんと置いてしまったから、凹みができてしまって、その形の輪郭が残っている。

よく心の傷は癒えないと言われているが、私の思う傷の形はそういうものだった。

傷といわれると手を切ったり足を擦ったりしたときのイメージが湧いてしまって、うーんそのようなものだろうかと常々思っていた。

ぽそぽそSkypeしながら思いついたその例えは自分のなかではすごくしっくり来ていて、何か思い出してしまうときは「どっかり座って手をついたら丁度その輪郭に触れていた」と思うようにしている。

もちろん隠す手だてはあるだろう。最近はなんかフローリングの傷を隠すクレヨンとかが売っている。この前母が買ってた。

けれども凹みがあったという事実は塗り込めることで浮き彫りになる。

それに、そもそも荷物をどっかり置かなかったらいい話なのだ。

けれども情動を警戒して浮き沈みなく生きることは、とても難しくまたドラマチックではないだろう。

私は鏡のような水溜まりより、雨が降ってしっちゃかめっちゃかになっている池を見てる方が好きなのだ。静かに暮らしたい吉良的ヒューマンはそうしたらいいんじゃないのかな...(適当)。

 

久しぶりに文章を考えて、少しすっとした。

何が言いたいかというと、なんということもない。

凹みはそこにあるが、その輪郭だけが場所ではないのだ。布団の上に横向きに転がってころころしてみたら、もう座標は違う数値を示している。

それに、こんな激ウマ例え()を言えるのにも関わらず残念な人間性で不興を買っているような奴もああ楽しく生きたぁいつって楽しみたそうにしている。

 

つまり......楽しんだもの勝ちだ!!

金継ぎしたお茶碗ってカワイーし!!!!!

I  WIN!いぇ~~~~